道産子による『北海道遺産』紹介サイト♪

北海道遺産/ニッカウヰスキー

【北海道遺産/ニッカウヰスキー余市蒸溜所 】

竹鶴政孝が最初に選んだ地、北海道余市。ニッカウヰスキー余市蒸溜所は、1934年、ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝によって建設された、ニッカウイスキー第一の蒸溜所。「美しい自然がおいしいウイスキーをつくる」と語った竹鶴政孝は、理想のモルトウイスキーづくりのために、留学先のスコットランドに似た、この地に余市蒸溜所をつくりました。 海と山に囲まれた風景や気候、特に朝夕に靄(もや)が立ち込める光景は、リタ夫人が故郷を想い浮かべるほどスコットランドと共通しているものでした。ウイスキーをゆっくりと熟成させる寒冷な気候、適度な湿度を持ちながら凛と澄んだ空気、雪解け水などの良質で豊かな水。原料の保管から仕込、発酵、そして樽での熟成まで、理想のウイスキーづくりに欠かせない環境が整った「ジャパニーズ・ウイスキーの聖地」です。蒸溜所内は無料で見学できるうえ、酒類の試飲もでき、レストランも完備されています。霧は貯蔵庫の樽を乾燥から守り、気温差を少なく保ちます。さらに北海道は大麦の産地であり、石狩平野では麦芽の乾燥に必要なピート(草炭)や燃料の石炭が採れました。「石炭直火蒸溜」による香り豊かで力強い味わいの余市モルト。中でも、個性が強いヘビーピートタイプのモルトは余市蒸溜所の伝統であり特徴のひとつ。スコットランドのハイランド地方を思わせる北の風土は、重厚で、力強いウイスキーを生み出しています。

北海道の豊かな自然、歴史や文化を世界に向けて…

【北海道遺産/ニッカウヰスキー余市蒸溜所の認定】

余市蒸留所は、2002年に世界最大のウイスキー愛好者団体SMWSにより英国以外の蒸留所で初の認定(No.116)を受けた。宮城峡蒸留所も2004年にSMWS認定(No.124)を受けており、「世界的に高品質のウイスキー」 であることが認められている。

【北海道遺産/ニッカウヰスキーの蒸留所】

ニッカウヰスキーは北海道と宮城県にウイスキーの蒸留所を開設しており、それぞれ余市蒸留所、宮城峡蒸留所と呼ばれている。余市蒸留所と宮城峡蒸留所で製造されたモルトウイスキーの原酒は、蒸留に使用するポットスチルの違いにより性格が全く異なる。余市蒸留所では一次蒸留、二次蒸留共に世界で唯一のものとなった『石炭直火式』による蒸留を続けており[2]、独特の香りがウィスキーに残る。 また宮城峡蒸留所ではグレーンウイスキーの蒸留に効率は落ちるが、原料本来の香味が残りやすいという特徴がある日本唯一、世界でも数少ないカフェ式連続蒸留機を使用している。なお、宮城峡蒸留所で製造されたグレーンウイスキーの熟成や、ブレンドされたウイスキーの再貯蔵は、栃木県の栃木工場で行う。余市蒸留所ではモルトウイスキー(主原料:大麦麦芽)、宮城峡蒸留所ではモルトウイスキーとグレーンウイスキー(主原料:トウモロコシ)を製造している。そこで製造されたモルトウイスキーは蒸留所内で熟成された後、千葉県の柏工場に送られブレンド、瓶詰めされる。

北海道民全体の宝物が「北海道遺産」

【北海道遺産/ニッカウヰスキーのウイスキー】

十年浪漫倶楽部 余市

「十年浪漫倶楽部 余市」はとてもロマンチックなウイスキーです。入会時にはスターターキットが送られ、5年後に1本、10年後に2本のウイスキーが送られてきます。また、メッセージを登録することで、10年後にタイムカプセルメッセージとして登録したメッセージがウイスキーと共に送られて来ます。このため成人や結婚式などの人生の節目において会員となるケースが多々あったそうです。会員を募り、会員名が記載された樽に北海道工場製のモルトを詰め、10年間貯蔵した後、シングルカスクウイスキーとして会員に配送する企画。現在は募集を終了しています。1樽に対する会員数は60名。会員はネット上で自分の樽の様子を見ることができ、北海道工場見学時に実物を見ることができます。

シングルカスク 余市

蒸留所やインターネットでの数量限定販売となるウイスキーも色々あります。以前、蒸留所限定で樽詰前の「原酒 未貯蔵」が販売されていましたが、販売終了となり入手することは不可能となりました。「シングルカスク 余市」はウイスキーマガジン主催のウイスキーテイスティングで高い評価を得ています。シングルカスクウイスキーとは、1つの樽から取り出してそのままボトルに詰めたウイスキーで、そのため樽によって個性が異なり、アルコール度数も約60%(普通に売られているウイスキーは約40%)になります。1つの樽からとれるウイスキーも限られることから市場にはあまり出回りません。ニッカでは下記の4種類の樽を使用して熟成させていて、それぞれが独特な個性を引き出しているため、シングルカスクではその違いを楽しむことができます。

  • バーボン樽(バーボン・ウイスキーの熟成に使用した樽)
  • シェリー樽(シェリー酒の熟成に使用した樽)
  • 新樽(ホワイトオーク材を使用した新品の樽)
  • 活性樽(一度熟成に使用した新樽の内面を再度焦がした樽)

【北海道遺産/ニッカウヰスキーの蒸留所の所在地】

名称

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所 (ニッカウイスキー ヨイチジョウリュウショ)

所在地

〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町 7-6

交通アクセス(1)

【お車でお越しの場合】札幌から国道5号線を西に約50km。余市町に入ると、国道5号線の「大川十字街」交差点で左折し、600m程進んだ「余市駅前」交差点を右折すると、すぐに余市蒸溜所があります。※蒸溜所では、見学後にウイスキーなどの無料試飲(お一人様2杯まで)が出来ます。未成年、お車を運転される方の試飲は出来ません。ソフトドリンクの用意あり。所要時間は小樽市内(20km)から約30分。

交通アクセス(2)

【電車でお越しの場合】JR札幌駅からJR余市駅まで:約1時間強。JR小樽駅からJR余市駅まで:約30分。JR余市駅から徒歩3分。

交通アクセス(3)

【バスでお越しの場合】小樽駅前バスターミナルから、バスが10~20分おきぐらいに出ています。(所要時間約35分/料金420円)倶知安/岩内/美国/余別/余市梅川車庫行き。「余市駅前」下車、徒歩3分。

営業期間見学時間

9:00~17:00※午前9:00~12:00、午後13:00~16:00(30分毎に見学の案内をしています。)

見学所要時間

約60分(見学、酒類の試飲等)

料金備考

見学無料

その他

車椅子の無料貸出あり。数に限りあるので、ご利用の際には、予めお電話で予約した方が無難。

飲食施設

蒸溜所内にお食事できるレストラン「樽」、ガーデンレストラン「しらかば」とティールーム「リタハウス」があります。

  • レストラン「樽」 営業時間:11:00~16:00/営業日:年末年始休業
  • ガーデンレストラン「しらかば」 営業時間:11:00~15:30/営業日: 4月下旬~10月中旬 
  • ティールーム「リタハウス」 営業時間:10:00~16:00(オーダーストップ 15:30)/営業日:4月1日~10月31日
駐車場

40台

お問合わせ

0135-23-3131

予約先

0135-23-3131